お豆と野菜たっぷり!手軽に作れてかわいいドライカレー

管理栄養士さんのコメント付きで、栄養バランスも考えられているレシピをご紹介しています。時短ポイントもありますので、働くママにもオススメです。献立に迷ったらぜひ参考にしてみてくださいね!

手軽&作り置き可能!忙しいママにもオススメな優秀レシピ♡

豆類を摂るのはなかなか難しい…というお悩みはありませんか?

小さいお子さんたちが意外と食べられないもの、それは豆類!
グリーンピースや大豆などは、味や食感が苦手なお子さんも多いですよね。
でも、ママさんたちにとっては豆類は大切な栄養素!骨や筋肉、肌、髪、爪など、体を作るために必要なタンパク質が多く含まれているからです。
未就学児では1日約15~25g、小学生になると、年齢や身長・体重によって25~60gの摂取が基準なのだとか。

特に植物性のタンパク質は、脂質も少ないためママさん自身もたくさん摂りたいところ。
お子さんと一緒に食べる料理に取り入れられたら、とてもうれしいですよね。

そこで今回ご紹介するのは、太陽と三日月がモチーフ!豆腐のドライカレーです!

作り置きもできちゃう!材料のご紹介

★材料(4人分)
ご飯:600〜700g
豚ひき肉: 70g
木綿豆腐:1/3丁
玉ねぎ: 1/2個
人参:1/2本
大豆水煮: 大さじ1〜2
カレールー:20g
にんにく: お好みで
生姜: お好みで
油:小さじ1
グリーンピース: 飾り用

【注意!】
三才未満のお子様がいる場合は、カレールーを使用せずカレー粉と塩で代用してください。

時短ワザもあり!作り方は5ステップ♪

①豆腐は水気を切っておく。
②玉ねぎ、人参、にんにく、生姜はみじん切りにする。
③鍋に油を熱し、にんにくと生姜を炒める。色が変わったら、玉ねぎ、人参、豚ひき肉、大豆を炒め合わせる。
④肉の色が変わったら、豆腐を崩しながら加える。
⑤具の半分が浸るくらい水を加え、豆腐に熱が通ったらカレールーを加える。
⑥器にご飯を盛り、⑤のカレーをかけて、グリーンピースを飾る。


【ママにオススメ!時短ワザ】
豆腐の水気を切るときに使えるのが電子レンジ。
豆腐を2重にしたキッチンペーパーで包み耐熱容器に入れ、ラップをかけずに500Wの電子レンジで3分チンするだけ!
具材は細かく切りますし、豆腐はチンすることで温まっているため炒める工程も時短につながります。
ドライカレーなので、コトコト煮込む必要がないのもポイント。とっても簡単ですよ!

また、野菜も冷凍ミックスベジタブルに変更して、レンジでチンして柔らかくするというのもOK!スーパーでお野菜を選ぶところから時短しちゃいましょう!


【作り置きなら】
冷蔵庫だと2,3日程度ですが、作ってすぐに冷凍すれば2週間ほど日持ちします。時間のあるときに作って、忙しいときに食卓に栄養のある料理をサッと出せるのはうれしいですよね♪

管理栄養士さん監修☆ひとことコメント

なかなか摂りにくい豆類は、野菜と一緒にカレーにしてみましょう。
旨味たっぷりカレーなら、苦手な野菜も克服できるかもしれませんね!
タンパク質は、骨や筋肉の元になる大切な栄養素。豆類の植物性タンパク質と、肉や魚の動物性タンパク質が一緒に摂れる「太陽と三日月の豆腐ドライカレー」は、栄養士からもとてもオススメです。


いかがでしたか?これなら、具材の大豆や豆腐からしっかりと植物性タンパク質が取れますよね。
カレー味にすることでお子さんも美味しく食べてくれるのではないでしょうか。

パパやママのカレールーを、辛いタイプにして味を変えてみるのもいいかもしれません!

三日月がきれいな夜に、作ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA