「まちがえちゃった!」って言えること。

皆様明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

今月から少しずつブログも更新していけたらと思ってますので、皆さんのお役に立つ情報かどうかはわかりませんが、日々の思うことを綴りたいと思います。

今日は娘が「あ、間違えちゃった!」と

初めて言った日だったので記録と思ったことを。

小さい子にはよくあることですが、間違えるのが恥ずかしくて、

何かちょっとでも恥ずかしいと思うと「間違えてないよ!」と強がったり、「なんでもない!」と無かったことにしたりすることよくありますよね。

いつもそんな感じの娘だったのですが、今日はちょっと違っていました。

お風呂上がりにドライヤーで髪を乾かしていると、話しかけてきた娘。

娘「ねぇ、ママ!いまママのこと間違えて トラちゃん て呼んじゃった笑」

(トラちゃんは実家で飼っている犬の名前です)

私「あらそうなの?笑 全然聞こえてなかったわ」

娘「ははは、でも言っちゃった!ははは」

娘はきっと気づいてないだろうけど、私はずっとその「まちがえちゃった!」を待ってたんだよ。

心の中の声です。

大したことではないけど、自分の過ちを認めるってすごく勇気がいることだと思うんです。

でも過ちを認めることはつまり過ちをした自分を許すということ。

まずは自分を許すことから次の学びが始まると思っているので、私はその最初のステップを見たのだ、と思って、その瞬間が嬉しくてたまりませんでした。

また一つ大きくなったね。

「間違えちゃった」なんてタイトル、もしかしたら年始にはあまりそぐわないかもしれませんが

人は誰しも間違いをしますので、それを素直に認めて自分を許し、時に相手も許し、

温かい人と人との繋がりを築いていってほしいなと思い願いを込めて年始に書くことにしました。

今年も皆様にとって幸多き一年になりますように、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA