受講生インタビュー  特別講座「ブランドの育て方」受講 古嶋紗亜弥さん

ブランド名 occhocochoi

「ママだっておしゃれしたい!」という気持ちを大切に、ママのためのアレルギー対応アクセサリーがコンセプトのアクセサリーブランドを手掛ける古嶋紗亜弥さん。
そんな彼女が、特別講座を受けて感じた大きな変化を語ってくれました。

まずはブランドについて教えてください。

ブランドを立ち上げたのは、2016年です。当時は仕事もしていましたので、本当に趣味の延長という感じで、空いた時間に好きなものを作るところから始めました。
私はどちらかというと「自分が好きだと思ったものを作る」ということをやっていて、その時のインスピレーションで作ることが多いです。
また、特にアレルギー対応というのにはこだわりがあります。実は義理の妹や、周りのママ友もほとんどの人が金属アレルギーで、私も産後アレルギーがひどくなってしまい、かわいいアクセサリーが着けられないと悩んでいことがきっかけなんです。
産後ってお肌がデリケートになったり体質が変わったりする方っていらっしゃるので、そんな方たちが安心しておしゃれできるものを作りたいと考えて作品づくりをしています。

そうして色々と作品を作ってInstagramにアップしているうちにリクエストやオーダーをいただくことが増えて、委託販売やイベント出展もできるようになってきたという感じです。

T&Eとの出会いも、委託販売先さんとのつながりがきっかけでしたね。

そうですね!足立区内の別のお店に私の作品を置かせていただいていて、それがきっかけでDMのやり取りが始まったんだと記憶しています。そこから、T&E店舗にも置いていただいたりして。今ではラボだけでなくイベント時にもお声がけくださったり、その他色々な展開についてもお話しいただくなど、とても濃いお付き合いをさせていただいていますね。

とてもファンの多いブランドさんだと思いますが、これまで困ったことや、障害になったことはあるのでしょうか。

一番困ったことは、価格設定でしょうか。はじめは本当に趣味で作っていたので、おかげさまでリクエストにお応えして作るようになっても「材料費が貰えたらいいかな」くらいに考えてしまっていて…。オーダーが増えていくうち、どんどん赤字になっていることに気が付いたときは「どうしよう…!」と青ざめました。
今は、色々なことを決めて価格も見直すことができましたが、あのまま進んでいたらと思うとゾッとします(笑)

確かに、「好き」と「ビジネス」には大きな差がありますもんね。価格改定できたことでこんな素敵なブランドが残って、ファンの一人としてもうれしいです!

今回講座を受けていただいたのも、ブランドの見直しがきっかけだったとお伺いしました。

はい。先ほどもお伝えしたように、インスピレーションが湧いたものを作るスタイル且つご要望にできるだけお応えしたいという気持ちでアクセサリーを作ってきたら、コンセプトというか、「私らしさ」のような軸が少し見えなくなってしまって…。それで染谷さん(注:T&E代表)に相談したところこの講座をご紹介いただいたので、これはいいチャンスかも、と思って受講を決めました。
それまでも、私が完全自己流で制作から販売まで行っていたこともあって、「学校に通うべきかな」「資格を取った方がいいのかも」と悩むことが多かったんです。そんな時いつも染谷さんが相談に乗ってくださり、「今はそういう(大掛かりな高額の)講座じゃなくてもいいんじゃない?」などアドバイスしていただいていたんです。
そんな染谷さんがご紹介くださったので、すんなり決断できました。

講座を受けてみて、いかがでしたか?

とても良かったです!まず、子育てと仕事の間を縫ってでも無理なく通えるペース、回数であること。そして価格も何十万もするものではないので、私にはぴったりでした。
なにより、講座を受けて瞳先生(注:特別講座講師 松山瞳先生)の言葉にハッとさせられることが多く、勉強になりました。

講座で一番学べたこと、自信につながったことは何でしょうか?

今回は、技術的にはカメラのテクニックを学ぶ講座でした。もちろんそれも大きな実りではあるのですが、私の場合は、気持ちの面の成長が大きかったように思います。
まず先生から「自分が買ってほしいお客さんに、的を絞っていいんだよ」、と言われて目から鱗が落ちました!客観的に見れば当たり前のことなのかもしれませんが、私はいつの間にか「誰かが欲しいもの」を作り過ぎていたんだなぁ…。と納得しました。

そこで、最初の「世界観の作り方」講座を経て第1回目「光の使い方、構図の取り方」」に進むときに私なりに「やりたい方向性」をしっかり考えて先生にお伝えし、それに対してまたフィードバックをいただいたことでブランドの系統が定まりました。おかげで、撮影ひとつ取っても自信を持って臨むことができました。

目に見える成果も出ているんですよ。講座を受けてから約3週間で、Instagramのフォロワー数がおよそ100名アップしました!自分が決めた世界観を基に、先生から学んだテクニックを実践したことですぐに驚きの変化があって、とてもうれしいです!

それは自信につながりますね!

はい!ちなみに、講座を受けて私にしか作れないアクセサリーが絞れたので、そこからブレないことをモットーにしたら材料調達もしやすくなりました。これも、私の中では大きな変化です。

とても柔軟性に富んだお考えの作家さんなんだと感じます。色々なところから学ぶ姿勢というのは、ご自身でも強みとお考えでしょうか?

えっ!どうでしょう…、そんな風に特に強く思ったことはなかったですが…。でもそうおっしゃっていただくと、子供のころから母に「人の話はちゃんと聞きなさい!」と言われ続けていたことを思い出しました。

そういえば、先ほどの話にまつわるエピソードもあります。
価格改定の際には、ただ単に価格を上げるだけではなくて、作品の質も上げることが必要だと夫に言われたんです。
イベント出店の際に搬入を手伝ってもらったとき、会場で箱を開けたらいくつか破損してしまっていたのを夫が見つけて、「お客さんはお金を出してくれているのに、こんなに壊れやすいもの作ってちゃダメだ!」と痛烈なダメ出しが飛んできて。
その時は「何も作れないくせに!」なんて気持ちにもなりましたが(笑)、確かに言っていることは間違ってないか…と思い直し、強度とデザインのバランスを取る研究を行って、随分改良ができたと思います。夫も、Youtubeを見てアドバイスをくれたりしました。
それで、価格改定の際には自信が持てたということはあります。彼は私と全然違うタイプなので、商売についての意見やアドバイスはイラっとしても聞くように心がけています(笑)

また、講座を受ける前にはママ友たちから写真についてダメ出しが…。
なんだかダメ出しばかり受けている感じになってしまってますね(苦笑)

でも、その方も私の作品をいいと思ってくれているからこそ「そんな生活感のある写真じゃ、せっかくの商品がもったいない!」などと教えてくれて、写真家の弟さんががいる人もいて、的確なアドバイスをしてくれました。
それを活かしていたからこそ、講座を受ける前からInstagramでオーダーをいただけるまでには成長できたのだと思います。

とても素敵なエピソードですね。古嶋さんのお人柄が良いからこそ、周囲の方の温かい協力があるんだなと、納得です。

作品づくりを通して、これから挑戦したいことはありますか?

疲れたママが元気になれるアクセサリーを作りたいという気持ちは以前から変わっていませんが、私は前職が保育士ですので、その経験や自分の子育て経験も生かして、子育てとアクセサリーの相談にも乗れたらいいなと思っています。それから、海外進出も将来的にはできればいいなと思っています!

最後に、「ブランドの育て方」講座に対してのご意見やご要望があればお聞かせください。

今回講座を受けて、とても成長できたと実感しています。それが成果にもつながっているので、実はレベルアップしたい、という気持ちが出てきています。ぜひ今後は、レベルアップバージョンで一眼レフカメラの講座や、ブランドポスター作り講座などに展開していっていただけたらうれしいです。その際は、また必ず受講させていただきたいです!


ありがとうございました!

これからも「ブランドの育て方」講座で学んだことを存分に活かして、充実したママ起業家ライフを送ってくださいね

occhocochoiさんのInstagramはコチラ

ハンドメイドビジネス学校、卒業生の声は他にも!

藤原光姫さん
須藤美保さん
田中由香理さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA