娘の夢

娘は気がつくと小さな頃からずっと

「ケーキ屋さんになりたい」
と言っている。

ショートケーキとチョコレートケーキしか食べられないし、
お料理だってしないし
四六時中コナンのことしか考えていないのに
何故かケーキ屋さんなのだ。

昨日のあだち菓子博を経験して、謎が解けた気がする。

「お菓子にはみんなを幸せにする力がある」

多分その事を彼女はよくわかっているのだ。

先日粘土で綺麗な薔薇の花を作ってくれた。

はいママに。そんな感じで薔薇を渡す娘。

彼女は人を幸せにする力に溢れている。
自慢ではなく、彼女はそういう人である。
人の気持ちに寄り添うことができる。

きっと私はその時仕事に追われて疲れていたと思う。だからそうして喜びそうなものを作ってくれたのだ。

私は彼女にこうして溢れるほどの幸せを与えられているから、また誰かに与えられるのだと思う。

私は彼女を人として尊敬している。
まだ幼い部分もあるが、言葉に言い表すのは難しいのだけど、大きく幸せとはどういう状態かをきっと感じ取っている。

その状態を壊さないように立ち回るのが上手い。

幼稚園の先生からも

「マイペースですが、友達想いです。自分を見失わずこのままでいてほしいなと思います」と何人もの方に言われていたことを思い出した。

彼女が彼女らしくいられるように、

私は少しでも環境を整えられるように努めたい、そんなことを思った朝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA